No Borders, Make Joy

経験豊富な "売るスペシャリスト "が海外進出をサポート

海外展開の第一関門は、言葉や商習慣の理解です。GOMA TRADINGでは、スタッフの9割を現地採用としている。スタッフチームは、店舗販売スタッフや広告代理店業務の経験を持つ「販売のスペシャリスト」で構成されており、クライアントとの商談では、日本語が話せるスタッフが担当するため、スピード感を持ってスムーズに対応することができる。

一般に、ミャンマーでは近年、貿易・投資の改革が大きく進んでいます。ミャンマーとASEAN加盟国は、より広範な地域経済統合に向けて長い道のりを協力し、地域貿易協定に参加し、持続可能で健全な成長を共に実現してきました。

さらに、同国は、外国人投資家を惹きつけ、GDPを向上させるため、ASEAN地域におけるオープンで透明な貿易・投資メカニズムの構築に努めています。また、ミャンマー政府は、貿易促進や投資を促進する救済措置を通じて、COVID-19パンデミックの影響を緩和するためにタイムリーな対応をしています。

ミャンマー市場は近年、力強い経済成長を遂げており、2017/18年度の名目GDPは667億ドルとなっています。ASEAN+3マクロ経済調査事務所(AMRO)の統計では、2015/16年度のGDP成長率は7%、2016/17年度は5.9%、2017/18年度は6.8%、2018年移行期6カ月は6.5%と続いています。

農業中心の国として知られていたミャンマーですが、現在では経済部門の割合が著しく変化しています。2000年当時、ミャンマーのGDPに占める農林水産業の割合は57%でした。しかし、現在では26%にまで減少し、工業部門が35%、サービス部門が39%を占めている。このように、ミャンマーは徐々にローカライゼーション産業を発展させるための有望な市場になってきている。

市場調査/参入調査


現地で販売されている商品の市場規模や競合調査を行い、短期的な収支計画を策定。販売先となりうる自社サイト、EC、実店舗の年間販売計画を策定。輸出に不可欠な物流、貿易、コールセンター対応など、海外展開に関わるすべての費用を算出。お客様の求めるゴールを共有することで、専任コンサルタントが「どう売るのか」を一緒に考えていきます。

  • 市場調査(認知度、好感度、インサイト、競合調査)
  • 収支計画
  • 商標取得

商標取得


市場調査、消費者ニーズ、競合他社の状況などから導き出された商品の強みや特徴をもとに、消費者に最も魅力が伝わるデザインを提案します。日本での成功事例を踏襲しつつ、海外展開する消費者の嗜好に柔軟に対応したA/Bテストを行い、クライアントの利益の最大化を目指します。

  • 商品単価設定
  • 商品設定
  • 同梱物・ボーナス設定

クリエイティブ戦略


商品の特性や魅力を十分に理解した上で、海外展開先で「一番売れる」伝え方を提案します。ディレクター、宣伝、制作がチームを組み、ECランディングページやコピーライティング、広告バナーのA/Bテストを徹底的に行います。時には、日本のマーケティングチームでは生まれない発想で、海外展開先でのベストクリエイティブを実行します。

Other Business

Language »
jaJapanese